納品:神戸市の神社様にホームページを納品

掲載



先日神戸市から「丸ごとお任せプラン」でホームページ制作をご依頼頂きました神社様のホームページが完成しましたので、納品させていただきました。

この神社様は、元々ホームページを持っておられましたが、フレームで作られたサイトでした。フレームは市販されているホームページ制作ソフト等で簡単に作れるため結構利用されていました。フレームについては、後述します。

しかし、現在のインターネットの状況でフレームは限界になり、弊社へサイトリニューアルのご依頼を頂きました。

納品させて頂いたサイトは、常時SSL、レスポンシブデザインのサイトです。またご依頼者様で情報発信、SEO対策等を行って頂けるサイトですので、以前のサイトより利便性も上がったと思います。

弊社としましても、地域の皆さんに親しまれている神社様のホームページ制作をさせて頂く事ができて良かったと思います。

この度はご依頼誠に有難うございました。

フレームとは

フレームとは、一つのウィンドウに複数ページを表示できる機能で、例えば左右に分割して左側にメニューだけのページ、右側にコンテンツのページを表示できる一見便利なものです。

昔は簡単に自作できたりするので、インターネット上でも頻繁に見かけました。しかし、このフレームには落とし穴があります。

SEOに不向き

検索エンジンは、ページ単位でインデックス(登録)し、検索結果に表示します。しかしこのフレームは、2つのページを一つのウィンドウに表示しているため、例えば上の左右分割のサイトの場合、検索結果に表示されるとしたら、右側、或いは左側だけのページが表示されてしまいます。

そうすると検索サイトからアクセスする人は、右側、或いは左だけのページだけにアクセスする事になります。

特に右側の場合、本来フレーム内で利用されるはずの右ページが、あたかも独立したページのように1ページだけ表示され、メニューが無いためトップページや他のページに行けなくなってしまいます。

また、フレームで作られているサイトは、どのページを表示してもURLが変わらないという問題があり、SEOの観点からは実用的では無いわけです。

そのため、これからの主流であるHTML5ではアクセシビリティに反するとして、廃止になりました。

従って、自作等でフレームのサイトを現在もお使いの場合は、早急にリニューアルされる事をおすすめします。

※ 実績記事での会社名・店舗名等の記載について
ご依頼者様の会社名や店舗名等は、検索サイトでの検索結果に影響するため記載しません。予めご了承下さい。




LINEで問合せ

↓