AX

LINEで気軽に質問

PC・スマホ・タブレットなど様々なデバイスで快適に。

Responsive-design_page

今やホームページは、いつでもどこでも見られるようになりました。それに伴いホームページを見るデバイス(端末)もパソコンやスマートフォン、タブレット、携帯ゲーム機、テレビなど多様化しています。

今までの作成方法では、ホームページを各種デバイスで快適に表示させるためにそれぞれのデバイスに対応した複数のホームページを用意する必要があります。その分、作成費用も膨らむばかりか管理の手間や管理費も膨らむというデメリットがあります。

ところが、現在はこのデメリットを克服した製作方法が登場しており、今やGoogleもが推奨する制作方法となっています。それがレスポンシブデザインです。

アトリエクレフでは、このレスポンシブデザイン(レスポンシブ・ウェブ・デザイン)でのホームページ作成を行っています。

レスポンシブデザインとは?

ホームページを見るデバイスの進化に伴いホームページも進化を遂げています。

レスポンシブデザイン(レスポンシブ・ウェブ・デザイン)とは、従来のように複数のホームページを用意し、デバイス(端末)を基準に表示するサイトを決めるのではなく、1つのホームページ(ワンソース)をデバイスの画面幅に応じたレイアウトデザインに切り替えて表示させるホームページです。

つまり、デバイスの種類ではなくデバイスの画面幅で判断する事により、今後ますます多様化する様々なデバイスにも対応できるホームページとなるわけです。

つまり、従来使われている端末のUserAgent(機種・ブラウザ種別等の情報)で振り分ける手法とは違い、シンプルで確実な画面幅で切り替える、今後長期対応可能なホームページです。

responsive_web_design

しかしメリットはそれだけではありません。

google

このレスポンシブデザインは、今やインターネットを牛耳っているグーグルのイチオシなのです。なぜなら、グーグル側がサイトを効率よく認識出来るためです。そのおかげで検索結果には常に最新の情報が登録されやすくなります。

ちなみに検索サイト大手のYahooも検索システムはGoogleのものを使用しています。

そのためSEO、検索結果の上位表示でも有利になる他、サイト表示速度の向上、更新・管理の効率化、ホームページにかかるコストの圧縮など、多くのメリットがあります。

下のスクリーンショットはGoogleがWEB開発者向けにガイドラインを発信しているサイト「Google Developers」です。「スマートフォン向けウェブサイトの構築」の中でレスポンシブデザインをオススメしています。(2014年12月現在)

スマートフォン向けウェブサイトの構築

赤い四角の部分を拡大してみます。

responsive_txt

マニアックすぎてよく分からないかもしれませんが、ようするにレスポンシブデザインはグーグル様のイチオシ、お墨付きというわけです。

ワードプレスとレスポンシブ・ウェブ・デザイン

plus

アトリエクレフでは、このレスポンシブデザインの機能性と、管理画面から簡単に更新が出来るワードプレスの利便性とを融合させた究極のホームページを作成しております。両者を融合することにより、閲覧者側、運営者側の双方にとって非常にメリットの高いホームページとなっています。

当サイトもレスポンスデザインです。
パソコンでご覧の方は、現在ご覧になっているブラウザのウィンドウの幅を横方向に縮めてみてください。(スマホ・タブレットの方は縦向き、横向きでご覧くだい。)

トップメニューや画像の大きさ、レイアウトデザインが変化します。様々な表示範囲の幅でも快適に見て頂けるレイアウトデザインに変化させる。これがレスポジブ・デザインの真骨頂です。

なぜ究極?

ガラケーからスマホに変った時に多くのサイトが作り直しを余儀なくされましたが、レスポジブデザインのホームページは、今後益々増え続ける様々な画面サイズの携帯端末(スマホやタブレット等)にも、長期にわたって対応し続けることが出来るコストパフォーマンスに優れたホームページです。

また、ホームページの更新・管理を行う運営者側にはワードプレスの強力な管理画面が、ホームページを見る側にとっては、レスポンシブデザインが威力を発揮します。
このような「すべての人にとって快適なホームページ」をアトリエクレフがご提供致します。

ホームページ作成をご検討中の方は、是非一度アトリエクレフへご相談下さい。

当サイトもレスポンシブデザインです。この下のバナーから各デバイスでの表示をご覧頂けます。
sptab

多忙な方でもホームページは持てるんです!

忙しくてもホームページは作れます。丸ごとお任せ。
LINEで問合せ
↓