掲載

【最終警告】JCBカード からの緊急の連絡



送信元は
info@jcb.co.jp
本物のドメインです。偽装されてますね。

電子メールというものは、
送信元の偽装が技術的には可能
という事を覚えておきましょう。その仕組みの紹介は割愛します。詳しい事を知りたい方は、調べて下さい。

htmlメールでそれっぽく見せるためにロゴまで仕込んでありますね。


=========================================
本メールはJCBカードのご利用にあたっての、大切なご連絡事項です。
そのため、「JCBからのお知らせメール配信」を「希望したい」に設定しているお客様へもお送りしています。
=========================================

いつもJCBカードをご利用いただきありがとうございます。

このたび、JCBの不正検知システムにおいて、
お客様がお持ちのJCBカードが第三者により不正使用された可能性を検知しましたので、ご連絡を差し上げます。

つきましては、お客様に対応いただきたい事項があります。
お客様ごとに対応方法が異なりますので、次の対応手順をご確認ください。

【対応手順】
(1)カードに登録している携帯電話番号へ認証コードが記載されたSMSが届いているお客様

SMSに記載のURL(もしくはSMS記載の方法でカードサイト検索)へアクセスいただき、回答をお願いします。
※個人情報の入力はありません。

(2)カード登録している携帯番号へ認証コードが記載されたSMSが届いていないお客様

お手数おかけしますが、下の【お問い合わせ窓口】まで、ご連絡ください。

▶お問い合わせ窓口

※システム都合により、本メールとSMSの送信される順番は前後します。
なお、ご契約いただいているカードについては、第三者による不正使用の可能性がありますので、カードのご利用を一時的に停止させていただいており、もしくは今後停止させていただく場合があります。

ご不便とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、
何卒ご理解賜りたくお願い申しあげます。

また、本メールとあわせて、弊社へご登録いただいている連絡先に、
カードのご利用状況を確認するためのお電話w差し上げることもございます。
Copyright © JCB Co., Ltd. All rights reserved

赤字の文字列にはリンクが仕込んであります。
(上記のリンク先のURLは押してもこのページの先頭に戻るだけにしてます。)

にしても最後から2行目の
お電話w差し上げることもございます。
の「w」が気になりますけどね。

リンク先は上から順に全部違うみたいです。

ttp://www.yacoq.gsovshe.presse.ci/
ttp://www.gpjvxrjw.gsovshe.presse.ci/
ttp://www.xn.gsovshe.presse.ci/
ttp://www.sdntmaoim.gsovshe.presse.ci/
ttp://www.snizydrme.gsovshe.presse.ci/
ttp://www.zelaa.gsovshe.presse.ci/

リンク先はこの様なページになってます。

全部は見てませんが、3つくらい調べるとこうなってました。
くれぐれも直接アクセスしないように。

このスクショは、安全に調べるサイトで入手しました。
こちらがそのサイトです。
https://www.aguse.jp

調べたいURLを入力して「調べる」ボタンを押すと、表示可能なサイトであればスクショを見せてくれます。
スクショ以外にも、その他色々そのサイトの情報を見られます。

明らかなフィッシングサイトですね。
くれぐれも直接アクセスしないように。

本家サイトでも注意喚起されてます。参考にされてください。
https://www.jcb.co.jp/release/phishing_202105.html




この記事のメールが来たという方は
是非、押していってください!

この記事のメールが来たよ  2人


フィッシングメールへの対策

メール内のリンクは絶対にクリックしない

フィッシングメールとは、メールで偽のアカウントページやクレジットカードの決済ページなどに誘導し、IDやパスワードを盗み取る、悪意あるメールのことです。

最近のフィッシングメールは、送信元メールアドレスの偽装や、リンク先が本物そっくりなドメインになっていたり、HTMLメールでロゴ等の画像等を入れたりと、一見するだけでは、本物か偽物か判断が出来ないほど巧妙になってきています。

万が一、メールの内容が気になった場合は、メールの本物・偽物に関わらず、メール内のリンクからではなく、事前につけていたブックマークや、検索サイトで検索して、自ら目的のサイト・アカウントへアクセスするをつけましょう。

最近確認されている迷惑メール・フィッシングメールはこちらでも紹介しています。

迷惑メールの記事一覧


※ 実績記事での会社名・店舗名等の記載について
ご依頼者様の会社名や店舗名等は、検索サイトでの検索結果に影響するため記載しておりません。ご了承下さい。


LINEで問合せ

↓