掲載

JCB、VlSA、Mastercardカードが制限されている旨のお知らせ



タイトルに Mastercardカード と cardカード ってなっちゃってます。
3社が一つのメールで連絡してくるという異例の事態ですね。

送信元メールアドレスに至っては、
VISA と
もうメールアドレスの形にさえなってません。

メール内容

※ 下記メール内容の青字の部分のリンクは削除しています。

本メールは、JCB VlSA Mastercard会員様へお送りしております。

JCB VlSA Mastercardのご利用ありがとうございました。
 ご利用内容につきましては、以下をご確認ください。

クレジットカード使用制限
利用者は、本クレジットカード会社に登録された情報とは異なります

本人名義のカードであることを確認することができない。

クレジットカード会社不正利用防止の観点から、相違が認められご本人様名義のカードであることの確認が取れないまま
カード払いでご注文の継続を行うことができません。

お客様にはご迷惑、ご心配をお掛けし、誠に申し訳ございません。
何卒ご理解いただきたくお願い申しあげます。
ご回答をいただけない場合、カードのご利用制限が継続されることもございますので、予めご了承下さい。
ご確認方法については、下記URLよりご確認くださいませ。

<JCB VlSA Mastercardのログインはこちら>

JCBのログインはこちら

VISAのログインはこちら

Mastercardのログインはこちら

お知らせメールが複数件届く場合、不正アクセスの可能性がございます。下記よりお問い合わせください。

何かご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合せください。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

——————————————————

ご不便とご心配をおかけしまして誠に申し訳ございませんが、
何とぞご理解賜りたくお願い申しあげます。
■発行者■
JCB、VlSA、 Mastercard Global Privacy Office
©Copyright 1996 – 2022. All Rights Reserved.

リンクURLはすべて
ttps://login-visa.sonyne.top/

このサイトは偽サイトとして認知されているようで、開こうとすると警告画面が表示されました。

本記事の冒頭でも書いたとように、怪しい点満載のメールなので、大丈夫だと思いますが、おかしな点をもう少し挙げると、

「お知らせメールが複数件届く場合、不正アクセスの可能性がございます。」
の理屈がわかりませんね。

あと、発行者
「JCB、VlSA、 Mastercard Global Privacy Office」
半角の文字と全角の「、」を混ぜて表記するのも気持ち悪いですね。

いずれにせよバカっぽいメールですね。




この記事のメールが来たという方は
是非、押していってください!

この記事のメールが来たよ  0人


フィッシングメールへの対策

メール内のリンクは絶対にクリックしない

フィッシングメールとは、メールで偽のアカウントページやクレジットカードの決済ページなどに誘導し、IDやパスワードを盗み取る、悪意あるメールのことです。

最近のフィッシングメールは、送信元メールアドレスの偽装や、リンク先が本物そっくりなドメインになっていたり、HTMLメールでロゴ等の画像等を入れたりと、一見するだけでは、本物か偽物か判断が出来ないほど巧妙になってきています。

万が一、メールの内容が気になった場合は、メールの本物・偽物に関わらず、メール内のリンクからではなく、事前にブックマークをつけておいたり、検索サイトで検索して、自ら目的のサイト・アカウントへアクセスするをつけましょう。

最近確認されている迷惑メール・フィッシングメールはこちらでも紹介しています。

迷惑メールの記事一覧


※ 実績記事での会社名・店舗名等の記載について
ご依頼者様の会社名や店舗名等は、検索サイトでの検索結果に影響するため記載しておりません。ご了承下さい。


LINEで問合せ

↓