LINEで気軽に質問

Googleが開発した新技術AMP

皆さんは、AMP(Accelerated Mobile Pages)をご存知でしょうか?

と言っても、おそらく知らない方の方が多いかと思います。アンプ(AMP)といいますが、これはスマートフォンなどのモバイル端末での表示を高速に出来るWebページの仕様です。GoogleとTwitterの共同開発ということで世界最大手の検索サイトGoogleが2015年に発表しました。

実際、スマートフォンなどのモバイル端末でGoogle検索を行った場合に、検索結果の中にAMP対応済みページのマークと共に出てきています。AMP対応ページ用の専用枠まで有ります。下の画像の赤丸がそのAMP対応ページのマークです。

モバイル端末をお持ちの方は、Google検索をしてAMPマークのついているサイトを開いてみて下さい。表示までにかかる時間がかなり短いです。

仕組みとしては、AMP仕様で作ったページはGoogleのサーバーに保存され、それを直接ユーザーに表示させます。そのため高速での表示が可能です。

ただし、AMPページは装飾などの制限が非常に多く、結果としてとても簡素なページになってしまいます。そのかわり、そのページの情報を求めているモバイルユーザーには驚くほど高速な表示速度で情報を伝えるというのが、AMPの特徴です。

当サイトでもブログ記事のみ、AMPに対応させています。

この記事のAMPページはこちらでご覧になれます

やはり簡素なページになってしまいます。もう少しAMPの重要性が増してきたらちゃんと対応させようと思います。

ただ、Googleの開発したものですので何かしらのメリットはありますし、大手サイト(ニュースサイトなど)はいち早く対応しています。今後の動向に注目していきたいと思います。

LINEで問合せ
↓