LINEで気軽に質問

Googleがレスポンシブデザインを推すワケ。

モバイルフレンドリー

アトリエクレフでのホームページ制作において最優先にする事は、SEO対策です。つまり検索サイトで上位に表示されるようにプランニングを行いホームページ制作を行います。

検索サイトでの上位表示が達成できなければ、アクセス数の増加は期待できません。つまりGoogleやYahooでの検索で自社サイトがより多くの人の目に止まらなければホームページの意味さえ無くなります。

しかし、安価なホームページ制作業者でホームページを作ったり、少し詳しい知り合いにホームページを作ってもらったり、見よう見まねで自分でホームページを作った等で検索で上がってこない、アクセスが無い、反響がない等のご相談を非常に多く頂きます。

Googleを制すべし!

実は、Googleが世の中のホームページに求める数々のポイントはガイドラインとして公式にアナウンスされています。それらをしっかりと押さえる事で、Googleからの評価も上がり上位表示を目指す上で極めて有利になるために、本来ホームページ制作ではこれらのポイントを最重要課題として押さえておく必要が有ります。

また、Googleで上位表示達成できれば、Yahooでも同様に上位表示を達成できるので自社ホームページへ多くのアクセスを獲得し集客を継続的に行いたいという場合は、SEO対策が必須です。

モバイルフレンドリー

Googleは2015年4月21日よりホームページがモバイルフレンドリーかどうかを検索順位の指標にすると発表しました。

ウェブマスター向け公式ブログ「検索結果をもっとモバイル フレンドリーに」

アトリエクレフで採用している「レスポンシブデザイン」というホームページ構築方法はGoogleが推奨している、今後のSEO対策に有効なホームページです。

では、何故Googleがレスポンシブデザインを推奨しているのでしょうか?

ホームページを見る側の利便性

レスポンシブデザインは一つのホームページを見る側が使用する端末(PCやスマホ、タブレット等)の画面幅によって見せ方を変化させ、どんな端末でも快適にホームページを閲覧出来る仕組になっています。

そのため、従来の構築方法のようにパソコンサイト、スマホサイトを別々に作っていると同じページなのにパソコン用ページ、スマホ用ページとURLが2つ存在する事になります。

現在当たり前に皆が使っているSNS上でそのページをシェアする場合に2つ以上のURLがあるとユーザーは混乱します。レスポンシブデザインでは一つのページに対してURLは1つなので利便性が上がるわけです。

また、Googlebotがサイトをクロールする際の手間が減ります。つまり、URLが一つであればGoogleもそのページだけをインデックス(登録)すればいいので、結果として検索結果に反映されるまでの時間が短くなります。

ホームページを運営する側の利便性

従来のパソコンサイトとスマホサイトを別々に作り運営管理する場合、単純に労力が2サイト分になります。レスポンシブデザイン一つのサイトを運営管理するだけで良いので、極めてシンプルに運営、管理を行うことができます。

また、ホームページの制作費用も1サイト分、維持管理費用も1つ分で済みます。つまり、コスト面でもレスポンシブデザインは優れているわけです。

今の時代には欠かせないレスポンシブデザイン

これだけスマホやタブレットのモバイル端末が普及し、パソコンを持たない人々も多くなっている現在、「モバイルフレンドリー」は無視できないSEO対策です。

特に、競合するサイトが有るような場合には、SEOにおけるマイナスな要素はできるだけ潰していき、出来る対策は行うことが上位表示への一番の近道です。

サイトがモバイルフレンドリーかどうかは、Googleが無料で提供しているモバイルフレンドリーテストで調べることができますので、現在ホームページをお持ちの方は、一度ご自身のサイトがモバイルフレンドリーかどうかをご確認下さい。

レスポンシブデザインでサイトを作る事は、ホームページ制作時である最初にしかできないSEO対策ですし、この他にもGoogleがサイトに求めるポイントは沢山有りますので、それなりに手間と時間をかけ様々なポイントを押さえた上でホームページを制作しなければ、多くのアクセスや反響は得られません。

ホームページ制作でお悩みの方は、お気軽にアトリエクレフへご相談下さい。

LINEで問合せ
↓