掲載

Amazon.co.jpをご利用いただきありがとうございます



送信元 : info@amazon.co.jp

メール本文(リンク削除済み)

Amazonお客様」Amazonに登録いただいたお客様に、Amazonアカウントの情報更新をお届けします。残念ながら、 Amazonのアカウントを更新できませんでした。今回は、カードが期限切れになってるか、請求先住所が変更されたなど、さまざまな理由でカードの情報を更新できませんでした。アカウント情報の一部が誤っている故に、お客様のアカウントを維持するためAmazonアカウントの情報を確認する必要があります。下からアカウントをログインし、情報を更新してください。

お手続き内容については以下のURL遷移先の下部に記載している

➤『Amazon』ログイン

※なお、24時間以内にご確認がない場合、誠に申し訳ございません、お客様の安全の為、アカウントの利用制限をさせていただきますので、予めご了承ください。

※本メールへの返信はできませんのでご了承ください。
Amazon チーム

アマゾンのブラックフライデーのせいでしょうか、アマゾンを騙るメールがめっちゃ来ます。

送信元のメールアドレスですが、本物のドメインで来てます。しかしこれは偽装です。

そして、上のメール本文中に有る青字リンク先(リンクは削除してます。)は

ttp://www.amazcon-co-jp.amaescon.jlzyos.top/

に飛ばされます。そのスクショがこれです。

ドメイン内に「amazcon-co-jp」が入っているので、パッと見、本当のURLのように思ってしまうかもしれませんが、その続きもすべてドメインなので、フィッシングサイトです。

http://の次から / までがドメインです。

弊社の場合は、アマゾンに登録していないメールに来るので一発でフィッシングメールだとわかります。

アマゾンを騙るフィッシングメールは山程来ます。

最終通知:お客様のプライム 会員資格がキャンセルされます
とか
Amazonプライムの自動更新設定を解除いたしました!
など、挙げるときりが無いです。

くれぐれもクリックして情報を入力しないようにお気をつけ下さい。




この記事のメールが来たという方は
是非、押していってください!

この記事のメールが来たよ  1人


フィッシングメールへの対策

メール内のリンクは絶対にクリックしない

フィッシングメールとは、メールで偽のアカウントページやクレジットカードの決済ページなどに誘導し、IDやパスワードを盗み取る、悪意あるメールのことです。

最近のフィッシングメールは、送信元メールアドレスの偽装や、リンク先が本物そっくりなドメインになっていたり、HTMLメールでロゴ等の画像等を入れたりと、一見するだけでは、本物か偽物か判断が出来ないほど巧妙になってきています。

万が一、メールの内容が気になった場合は、メールの本物・偽物に関わらず、メール内のリンクからではなく、事前につけていたブックマークや、検索サイトで検索して、自ら目的のサイト・アカウントへアクセスするをつけましょう。

最近確認されている迷惑メール・フィッシングメールはこちらでも紹介しています。

迷惑メールの記事一覧


※ 実績記事での会社名・店舗名等の記載について
ご依頼者様の会社名や店舗名等は、検索サイトでの検索結果に影響するため記載しておりません。ご了承下さい。


LINEで問合せ

↓