納品:加古川市のクライアント様サイト、常時SSL化

掲載



数年前に弊社で制作させて頂いたクライアント様からサイトの常時SSL化のご依頼を頂き、作業が完了しましたので、納品させていただきました。

2014年にGoogleのアナウンスから数年が経ちましたが、現在のインターネット上では、HTTPSがすっかり浸透してきました。

世界中のお店や企業のサイトの多くが常時SSLサイトに移行してる現状から見ても、もはやお店や企業サイトのホームページは常時SSLが常識となっています。

常時SSLはサイトの安全性を確保する手段

SSLとはSecure Sockets Layerの略でインターネット通信を暗号化する技術の事です。SSLを利用すると悪意を持つ第三者によるデータ改ざん等のリスクを回避できます。

ホームページのファイルが置いてあるサーバーと、そのホームページを見に来る人の端末(パソコン・スマホ・タブレット等)の間では双方向での通信が行われています。

インターネット上には、悪意を持った第三者がその通信内容を特殊な方法で覗き見しようと日々徘徊しています。

常時SSL化は通信を暗号化して安全にサイトを見てもらう事ができるようにするのが目的です。

従って、SSL通信を行っていないサイトが場合は、リスクのある通信であると言えます。特にパスワード等を入力する場合は注意が必要です。

常時SSLサイトの見分け方

SSL通信を利用しているサイトの見分け方としては、ページのURLがhttpsで始まっているページはSSL通信を利用しています。

また、スマホなどの端末ではURLが表示される部分に(鍵マーク)が表示されていれば、そのサイトは常時SSLサイトという事になります。

なりすましや改ざんが横行するインターネット上での通信には、注意を払う必要があります。安心して見ていただけるホームページを構築するには、今後益々「常時SSL」の必要性は高まっていくことと思います。

※ 実績記事での会社名・店舗名等の記載について
ご依頼者様の会社名や店舗名等は、検索サイトでの検索結果に影響するため記載しません。予めご了承下さい。




LINEで問合せ

↓