納品:明石市の歯科医院様サイトリニューアルのご依頼

掲載



5年ほど前にホームページ制作をご依頼頂いたクライアント様から、現在のネット環境の変化に伴いサイトリニューアルのご依頼を頂きました。

レスポンシブデザインでのサイトリニューアルに加え、サイト全体を常時SSLに変更しサーバーもレスポンスの速いサーバーへと引っ越ししました。

旧サイトを制作した頃は常時SSLの必要性など無く、アドビのFlashも普通に使われている時代でしたが、Flashも終了しGoogleから常時SSL実装の強い要請が行われている現在の状況では古い仕様となってしまいましたので、サイトリニューアルの運びとなりました。

常時SSLは悪い奴から通信を守る手段

SSLとはSecure Sockets Layerの略でインターネット通信を暗号化する技術の事です。SSLを利用すると第三者によるデータ改ざん等を防ぐことができます。

SSL通信を利用しているサイトの見分け方としては、ページのURLがhttpsで始まっているページはSSL通信を利用しています。また、トップページのURLがhttpsから始まっていてしっかりと(鍵マーク)が表示されていれば、そのサイトは常時SSLサイトという事になります。

ホームページのファイルが置いてあるレンタルサーバー(サーバー)と、そのホームページを見に来る人の端末(パソコン・スマホ・タブレット等)の間では双方向での通信が行われています。

インターネット上では、悪意を持った第三者がその通信内容を特殊な方法で覗き見しようと日々徘徊しています。

SSL通信は通信内容を暗号化した上で通信者同士でしか共有できない共通鍵を発行し、この共通鍵を持つ者しか暗号化された通信の内容を解読できないようにして通信の安全性を確保する手段です。

従って、SSL通信を行っていないサイトが場合は、リスクのある通信であると言えます。特にパスワード等を入力する場合は注意が必要です。

様々なホームページによくあるメールフォームでも氏名やメールアドレス等を記載しますよね。送信する前に、その通信がSSL通信なのかどうか確かめたほうがいいですね。

常時SSLはサイト閲覧者・運営者のため

URLがhttp://から始まるサイトは常時SSLではありません。それに対してhttps://で始まるサイトは常時SSLサイトです。
Googleの検索結果でURLも表示されますので、これからサイトを訪れようとしている人にも検索結果上でわかってしまいます。

つまり、サイトを見に来る人にとっては安心・安全を提供するものです。またワードプレス等のCMSでサイトを更新する場合もSSL 接続でないとID・パスワードを盗まれる恐れがありますので、常時SSLは実装した方がいいですね。

常時SSLに関する記事

皆様、そろそろhttpsサイトにしなければ。

弊社サイトを常時SSL+サーバー速度アップしました。

※ 実績記事での会社名・店舗名等の記載について
ご依頼者様の会社名や店舗名等は、検索サイトでの検索結果に影響するため記載しません。予めご了承下さい。




LINEで問合せ

↓