検索ワードからホームページ作成の方向性を見極める

掲載



keyword-research-banner

検索ワード(キーワード)はホームページ集客の要です。なぜならサイト訪問者の多くは検索サイト(Google、Yahooなど)で検索を行っている人達です。基本的にその人達が検索する場合に、どのような検索ワードで検索するのかを考えて、ホームページに掲載する文章やディスクリプション等を作成します。

特に複数の言い方や書き方がある場合は、しっかりと検索ワードを吟味する必要が有ります。具体例を「ホームページ制作・ホームページ作成・ホームページ作成」という検索ワードで見てみると、次の結果が得られます。

seisaku seisaku2 sakusei

「制作・制作・作成」で比べると、円グラフの中に記載されている月間平均検索ボリュームでかなりの差がある事がわかります。検索ボリュームの多いワードを選択し、ホームページ中に使用する事で検索にヒットしやすいサイトになります。

従ってホームページ作成をする場合、何も考えずに無計画に作成する場合とそうでない場合では当然、検索サイトでのヒット率に影響が出てくるのは言うまでもありません。

アトリエクレフでは、ホームページを作成するにあたり検索ワードだけでなく、訪問者の動線やユーザービリティ、更には管理者のユーザビリティまで考慮したビジネスに役立つ商用サイトを作成し続けています。

※ 実績記事での会社名・店舗名等の記載について
ご依頼者様の会社名や店舗名等は、検索サイトでの検索結果に影響するため記載しません。予めご了承下さい。


LINEで問合せ

↓