検索サイトに広告を出せる|リスティング広告って?

掲載



知りたい情報をインターネットで検索する際、必ず開く検索サイト(検索エンジン)は誰もが一度は使ったことがあると思います。

GoogleやYahoo!、Bingなどが有名ですが、調べたいワードを入力して検索を実行しますよね?

その際、ユーザーが入力したワードに連動して検索結果のページ上部や下部に検索結果と似たような感じで広告が表示されているのをご存知ですか?

よく見ると、小さく「広告」と表示されているものがあります。これらは、リスティング広告とか検索連動型広告と呼ばれます。それぞれGoogle広告、Yahoo広告と言います。


Google

Yahoo


赤枠が広告の部分で青枠が通常の検索結果(自然検索・オーガニック検索)の部分です。
検索サイトを利用する方の中には、広告と知らずにクリックしている方もいるのではないでしょうか?

当然、この赤枠に広告を出すには広告費用をGoogleやYahooに支払っています。対して青枠の部分に表示される検索結果は、よくアクセスされているページや検索ワードに合っているページが検索サイト側の判断で順番に表示されます。

単に情報を調べる場合はそんなに気にしなくてもいいと思いますが、購買目的で検索を利用する場合は、この仕組を理解しておく方がいいです。なぜなら、商品に高評価がなくても広告費を支払えば広告が掲載できるため、中には詐欺まがいの商品などが紛れ込んでも不思議ではないからです。

検索してクリックする前に、広告なのか自然検索なのかに注意することが大切です。

リスティング広告を出したい

リスティング広告は表示されただけでは料金は発生しません。クリックされて初めて料金が発生する「クリック課金制」ですので、広告を出す側にとっては低予算から始められる上、いつでも停止できるので試す価値はあると思います。

但し、人気のあるワードほど競争率が高くなるので単価も上がります。また、キーワードの選定が非常に重要なのでトライアンドエラーで地道にやるもよし、色々調べて勉強するもよしです。またGoogleに相談することもできるようです。

リスティング広告は下のリンクから申し込めます。
Google広告   Yahoo広告

※ 実績記事での会社名・店舗名等の記載について
ご依頼者様の会社名や店舗名等は、検索サイトでの検索結果に影響するため記載しません。予めご了承下さい。


LINEで問合せ

↓