LINEで気軽に質問

パソコンなんて持ってません!

あなたはインターネットを使う時、何を使いますか?パソコン?それともスマホ・タブレット?

弊社はホームページ製作業者ですが、納品したサイトのアクセス状況も定期的にチェックしています。いわゆるアクセス解析です。

これは対象のホームページのどのページをいつ、どのくらいの時間、どの回線を使ってどんな端末で見ているのかが分かるようになっています。

数年前からその解析結果に変化が現れています。

スマホ・タブレット利用者の急増です。

そして現在は、パソコンでホームページを見るよりスマホ・タブレットなどのモバイル端末でホームページを見ている人の数の方が圧倒的に多くなっています。

若者はGoogleを使わない?!

若年層、つまり10代〜20代全般男女のインターネットへの関わり方は殆どと言っていいほど、スマホ・タブレットを使用しています。

スマホさえあればパソコンは必要ないという時代です。それどころか、スマホ・タブレットしか触ったことがなく、パソコンを知らない人たちも数多くいます。

実は、スマホ・タブレットユーザーがインターネット上で目的の情報を探す場合、パソコンで探す方法とは違った方法でも探しています。

それはSNSです。 SNSとはソーシャルネットワークサービスの略でLINEやTwitter、インスタグラム、フェイスブックなどのインターネットを使ったサービスです。

どういうものか全くご存じないという方は、お調べ下さい。SNSはあっという間にブームが出来上がる程の高速な拡散性があります。

という理解が一般的なのですが、これには続きがあり、各サービスはサービス内の情報を検索できる機能があります。その検索機能を使えばリアルタイムな新鮮な情報を見つけることが可能です。

この事は、実際にSNSを使っていればわかりますが、利用していない人たちにはあまり知られていない事かもしれません。

モバイル端末で使いやすいSNS

前述した現在人気のあるSNSは、モバイル端末で使いやすいアプリという形でサービスを提供しています。モバイル端末ユーザーが爆発的に増えた今、SNSで情報を探すユーザー層はGoogleなどの検索サイトを利用しないという現象が始まっています。

これは何を意味するのかというと、今までのようなホームページだけで情報発信をしていてもSNSを主に利用する人たちには届かないという事です。

弊社では、様々な業種のサイトを作っています。そしてそれらのサイトには必ずアクセス解析を入れています。そのため偏ったデータではなく平均的なデータを取ることが可能です。

そのデータを見ていても、業種にもよりますがホームページを見ている人が使っている端末を調べてみると、モバイル端末がパソコンの2倍以上となっています。

SNSの事は全くわからない

弊社がクライアント様と打ち合わせに使うのはメール、スカイプという無料通話ソフトでした。しかし今はLINEに変わってきています。LINEならほとんどの方がお使いなので、以前のようにスカイプというソフトの説明をしてダウンロードしてもらって・・という事が少なくなりました。

しかし、中にはLINEも使っていないクライアント様もいらっしゃいます。その場合は色々と説明をさせていただきながらすすめるわけですが、集客目的でホームページを作る場合、やはり情報を発信する側はSNSの知識をある程度持つ必要が有ります。

弊社では、クライアント様のターゲット層によりWEB戦略の手法も変えますが、ホームページだけ作っていれば問題なかった以前とは、状況は違ってきています。

アトリエクレフでは、SNSでの戦略に関しても提案していますし、わかりやすく説明も行っています。

なぜなら、先のことはわかりませんが、現在SNSを使っている若年層も年齢を重ねていくわけで、そうなると世の中のインターネットの使い方というのも今と全く変わっていく可能性も有るわけですから。

アトリエクレフでのホームページ製作は、モバイル端末でも快適に閲覧できるレスポンシブデザインです。また、SNSも関連付けたWEB戦略にも対応できる様々な機能を搭載可能なホームページです。

様々なサービスが絡み合った現在のインターネットは複雑化してきています。ホームページ製作でお悩みの方は、お気軽にアトリエクレフへお尋ね下さい。

LINEで問合せ
↓