LINEで気軽に質問

ネットショップをはじめたい。どうすれば?

アトリエクレフでは、あらゆるタイプのネットショップの作成を行っていますが、販売する商品のジャンル、想定される客層、予算などから、クライアント様に適した提案を行っています。 一言で「ネットショップ」と言っても形態、維持費などは様々です。ネットショップを始めるにあたり、「売る」事を最優先にしたプランニングが最も重要です。

ネットショップの形態を知る

まず理解しておくべき事として、ネットショップには、大きく分けて2種類有るということです。

アマゾンや楽天、ヤフーショッピング、ポンパレモール、ビッダーズ(DeNA)、カラメルなど。どれも一度は耳にしたことが有るでしょう。これらは、モール型(沢山のネットショップが集まったサイト)と言われる形態のネットショップで、モールの中に出店するタイプです。

中でも、ヤフーショッピングは2013年の末に無料で出店可能になったので話題になりました。(申し込み殺到で結構待たないといけないようですが。)

それに対して、そういったモール等に属さない独自のネットショップがあります。

今回は、ネットショップを持つ場合、どちらの形態を選べばいいのかについて書いていきたいと思います。これからネットショップを持ちたいとご検討中の方の参考になればと思います。

モール型のショピングサイト

モールに出店するメリットは、何と言っても集客力です。集客や広告、SEO対策など、アクセスを集める事に悩む事は少ないでしょう。モールサイトには毎日多くのお客予備軍が訪れています。特にアマゾン、楽天などは日本最大級なので集客は文句無しです。

しかし出店にはそれなりの費用(数十万円)が毎年かかります。また商品が売れるたびに手数料等の費用を支払います。つまり、かなり売らないと体力は持たないという事になります。予め用意した資金が潤沢にあれば別ですが。

一昔前までは出店数もそんなに多くなかったので、モールにショップを出せばある程度は売れていたようですが、最近は店舗数が膨れ上がり、モール内でも上位表示の競争が激しく、集客が有るはずなのになかなか売れない場合もあったり、昔のようには行かないのは事実です。そのため、モール内でも更に広告費をかけないといけないという本末転倒の事態も起こっています。

独自型のショピングサイト

モール型のショップに対して、独自のネットショップも数多くあります。サーバーだけはレンタルしますが、後は全て(ショッピングカートシステム等)自前で揃える事となります。

メリットは、なんといっても費用は作成費用だけなので、その後の支払いはサーバー・ドメイン代だけで済むという点です。またロイヤリティや、手数料もかかりません。さらに言うと、モールの借り物ショッピングカートシステムではないため、独自の売り方やアイデアをシステムの自由なカスタマイズ等で実現出来るというのも独自型ショップの強みです。

問題は集客。知識やノウハウが無いとお客さんを集められず、さっぱり売れないショップになります。これはネットショップだけではなく、実際の商売をされているお店と同じです。インターネットだけが特別というわけではありませんので、やはりノウハウと努力は必要です。

で、結局どっちがいいの?

ネットショップで一番重要な点は、ショップへの集客です。モールの場合、モール自体への集客は抜群です。しかし出品した商品がお客様の目にとまるかどうかは、別の話です。

同ジャンルのショップがモール内に多く存在すれば、確実に競争原理が働きます。つまり値段勝負になりがちなので、薄利多売を余儀なくされます。潤沢な資金、豊富な在庫がある場合は、モールに出店しても十分戦えます。

独自ショップの場合は、集客活動も行う必要が有ります。所有するサイトを検索エンジン(googleやyahooなど)である程度上位に表示させることができれば、費用をかけずに継続的な集客が可能になります。これを実現するにはノウハウが必要になります。

同ジャンルの商品を扱う店が少ないのであれば、モールでも売れると思います。しかしすでにモール内に同ジャンルのショップが乱立しているのであれば、独自のショップを持ち薄利多売ではない売り方をした方がいいわけです。

売るためのネットショップを制作します

アトリエクレフでは、ネットショップを作成する場合、集客スキーム、ノウハウも同時に提供しています。これは机上の空論ではなく、しっかりとした実績のあるノウハウです。
事実、アトリエクレフで制作したショップ様は売上をしっかりとあげているショップ様もありあます。

また、多くのショップが乱立する現在のインターネットでは「他との差別化」が大事です。オリジナル商品や、希少な商品ジャンルなら、それだけで差別化できますが、どこでも手に入るような商品であれば、ショップや売り方等他の面で差別化を行う必要があります。

独自ショップの場合、集客の面では上位表示を狙えるシステムなのかどうかが、重要な鍵になります。最近プログラム生成系のサイトは上位表示されなくなりました。検索していても前に比べてとんと見かけなくなりましたし。

アトリエクレフで作成するショップは、クライアント様の総合的な状況を鑑み、方向性を決めてから作成に当たります。ただただ無計画にネットショップだけを作ってもまず売れません。従ってクライアント様ごとに入念な戦略の打ち合わせが必要なんですね。当然アトリエクレフでは独自のノウハウがありますので、ご相談頂ければ提案は致します。

LINEで問合せ
↓