あれ?アクセスが減った、検索順位が変わった。原因はGoogleのアルゴリズムアップデート。

掲載



弊社サイトのアクセス解析を見たところ、2021年6月25日、26日を堺にアクセスが減っていました。

特に弊社サイト側では何も変更していなで「はて?」と思い調べてみたところ、Google検索エンジンのアルゴリズムアップデートが行われたとの事です。

翻訳
本日遅くに、年に数回行うように、幅広いコアアップデートをリリースします。これは、2021年6月のコアアップデートと呼ばれます。このような更新に関するガイダンスは次のとおりです。
webmasters.googleblog.com/2019/08/core-u…

これに続いて、2021年7月のコアアップデートが行われます。詳細はこちら…

Googleのコアアップデートについてウェブマスターが知っておくべきこと
Googleインデックスのクロールおよびインデックス作成サイトに関する公式ニュース
webmasters.googleblog.com

翻訳
以前に発表された2021年7月のコアアップデートが現在展開されています。
twitter.com/searchliaison/…

これらは通常、完了するまでに1〜2週間かかります。このような更新に関するガイダンスは次のとおりです。
webmasters.googleblog.com/2019/08/core-u…

更新を通じて検索を改善する方法の詳細は次のとおりです。

パソコンやスマートフォンが定期的に更新されるように、Google検索でも同じことが起こります。実際、Google検索は、エクスペリエンスと結果の品質を向上させることを目的とした変更で、年に数千回更新されます。

毎度のことながら、Googleは定期的にアルゴリズムのアップデートを行います。

Googleアルゴリズムとは?

Google検索で検索が行われたときに、検索を行う人の目的に合ったサイトをリスト表示してくれますが、その際検索結果に表示する順番をGoogleが決めています。

この順番をつけるためのルールをGoogleアルゴリズムと言います。

検索する人が求めるサイトをいち早く提供するため、Googleは日々様々な改善を行っています。今回のアップデートもその一環というわけです。

2021年6月と7月の2回に分けてコアアルゴリズムアップデートが実施され、これに伴い検索結果の順位変動が数週間続くようです。

検索順位が上昇するものもあれば、下降するものもあります。
この影響を受けている間、我々にできることはほとんど無く、静観するしかありません。

つまり、サイトの問題ではなくあくまでもGoogleの都合なので、この現象に対して取れる対策はありません。

急にアクセスが減ったからといって、焦ってサイトの内容を変更したり、下手な改造を施したりするとGoogleの状態が落ち着いたときに、思わぬ影響がずっと続く可能性もありますので、静観が一番いいかと思います。

※ 実績記事での会社名・店舗名等の記載について
ご依頼者様の会社名や店舗名等は、検索サイトでの検索結果に影響するため記載しません。予めご了承下さい。


LINEで問合せ

↓